和歌山の賃貸・売買はHouse Land(ハウスランド) > 株式会社Houselandのスタッフブログ記事一覧 > 和歌山市にあるリノベーション賃貸物件のメリットとデメリットについて

和歌山市にあるリノベーション賃貸物件のメリットとデメリットについて

カテゴリ:☆和歌山市賃貸物件特集☆

和歌山市にあるリノベーション賃貸物件のメリットとデメリットについて

和歌山市にはさまざまなリノベーションされた賃貸物件があり人気となっていますが、住むにあたってはもちろんメリットやデメリットがあります。
ここではリノベーション済みの賃貸物件に住むメリットとデメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

リノベーション賃貸物件に住むメリット

まず、「リノベーション」済みの物件と「リフォーム」済みの物件の違いはご存じでしょうか。
リノベーションは今ある建築物に、付加価値を加える改装工事のことで、内装の雰囲気を変えたり新しい機能を設置したりすることを言います。
これに対しリフォームは、主に経年劣化などで日常生活に支障をきたす場合や利用しにくくなった場合に、修復や新たな改装をするといった意味合いになります。
ただし、線引きはあいまいで、リノベーションとリフォームがほぼ同じ意味で使われることも多くあります。
それではリノベーション賃貸物件に住むメリットをご紹介していきますね。
まず、家賃が相場に比べて安い傾向にあることです。
築年数が経過している物件の内装を新しくしているので、築浅の同じような内装の物件に住む感覚で、家賃が抑えられるのはうれしいですよね。
また、物件によってはデザイナーズ物件のような、一段とおしゃれなお部屋に出会えることもあります。
水回りや採光についても、リノベーション前よりも改善している場合が多くあります。
このようにメリットがいくつもあるため、リノベーション賃貸物件は人気があるのです。

和歌山市の賃貸リノベーション物件のデメリットについて

そもそもなぜリノベーションをおこなっているのでしょうか。
理由の一つとして、その建物自体がかなり前に建てられたため、現在の建築基準からは外れている可能性があり、改装が必要になっている場合が挙げられます。
現在の建築基準が導入されたのは1981年6月1日なので、それ以前に建てられた建物だと、さまざまな箇所に不具合が生じている恐れがあるのです。
また、リノベーション後でも電気の容量が少なく、お持ちの家電の電気使用量に対応できない場合があります。
耐震性については、現在の基準に対応しているか不動産会社や大家に確認しましょう。
電気の容量については、変更工事が必要になる場合があるので、まずは電力会社に問い合わせてみるのもおすすめです。

和歌山市の賃貸リノベーション物件のデメリットについて

まとめ

和歌山市でお部屋をお探しの方に向けて、リノベーション賃貸物件に住むメリットとデメリットをご紹介しました。
メリットとデメリットの両方を踏まえたうえで、リノベーション物件の良さをぜひ楽しんでみていただければと思います。
私たちHouseLandは、和歌山市を中心に、豊富な賃貸物件を幅広く取り扱っております。
不動産購入・売却のご相談も承っておりますので、不動産に関することは何でもお気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|和歌山市でペット可の賃貸住宅を探す場合の注意点と予防策   記事一覧   和歌山市で戸建ての賃貸物件に住むメリットとデメリット|次へ ≫

金輪安代 最新記事



金輪安代

お客様に親身に寄り添って、いいお引越しができるように物件を探させて頂きます!(^^)! 何でもお気軽にご相談して頂ければと思います!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約