和歌山の賃貸・売買はHouse Land(ハウスランド) > 株式会社Houselandのスタッフブログ記事一覧 > 借地権 底地 について解説していきます。(3)

借地権 底地 について解説していきます。(3)

借地権 底地 について解説していきます。(3)

定期借地権
新法(借地借家法)における借地権の多くは定期借地権のことを指します。
定期借地権においては法定更新ができず、
期間満了時に借地権者は土地を更地にして地主に返還しなければなりません。
「定期借地権」は一般的に存続期間を50年と定め、
期間満了後は地主に土地を返還する必要があります。
借地権の更新や建物買取請求権などは、認められていません。

定期借地権は
(1)一般定期借地権、(2)建物譲渡特約付借地権、(3)事業用定期借地権の3種類に分かれます。


(1)一般定期借地権

借地権の存続期間を50年以上として設定されます。

期間の満了に伴って借地権契約は終了し、

借地権者は建物を解体して土地を地主に返還する必要があります。

(2)建物譲渡特約付借地権

借地権の存続期間を30年以上とし、

期間満了時に地主が建物を買い取ることをあらかじめ約束して契約した借地権です。
地主に建物を譲渡した時点で借地権は消滅します。
建物譲渡後に借地権者が建物に居住を希望する場合は、

建物の借家契約を締結することになります。

(3)事業用定期借地権

事業用の建物所有を目的とし、

10年以上50年未満の期間を定めて契約される定期借地権で、

公正証書により契約が締結されることが要件となります。

一般定期借地権と同様に期間の満了に伴って借地契約は終了し、

借地権者は建物を解体して土地を地主に返却する必要があります。
事業用定期借地権は、事業専用の建物であることが要求されるので、

賃貸マンションのような居住目的の建物は対象になりません。


・地上権(物権)

借地権の中でも地上権として登記を行っている非常に権利形態の強いものです。

地主の承諾なく、第三者への売買などができます。
「正当事由」がない限り更新拒絶はできず、

地代の支払い以外はほぼ所有権に近い権利形態となります。

≪ 前へ|タウンハウスとは?テラスハウスとの違いは?特徴やメリット・デメリット、賃貸物件もある?   記事一覧   一人暮らしの寂しさを紛らわす過ごし方(^_-)-☆|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約