和歌山の賃貸・売買はHouse Land(ハウスランド) > 株式会社Houselandのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の設備が故障した場合修理は?

賃貸物件の設備が故障した場合修理は?

賃貸物件への入居時に、以下のような設備が標準で備え付けられている場合があります。


・給湯器

エアコン

・コンロ

水回り(キッチン、洗面、トイレ、浴室など)

・照明器具(消耗品である電球や蛍光灯は除く)

・そのほかに物件と一体になっている設備


※設備は一例ですので、入居時の説明で良く確認をしてください




賃貸物件に入居する際に設置されているこういった設備には、物件にもとから付属する「初期設備」と、以前の住民が退居の際に置いていった「残置物」に分かれます。


設備がどちらになるのかは、事前に説明を受ける他、入居時に渡される『重要事項説明書』に記載されています。


初期設備は物件の所有者である大家さんや管理会社の所有物であるため、修理に関することもまずは所有者に連絡をする必要があります。


修理や交換の手配、訪問される日時など、管理会社の指示に従って対応することになります。


残置物は以前の住民の所有物だったもので、退居の際に次の入居者にとって有意義な設備であった場合に、取り外さず設置されたままで貸し出される場合があります。


残置物の場合、大家さんや管理会社は修理をする義務はなく、入居者の判断で修理や交換などを行うことになります。


設備の故障や異常は様々ですが、小さな異常でも不安があれば管理会社へ連絡をするのが良いでしょう。


あくまでも一例ですが、設備の故障の例を挙げておきます。


・給湯器からお湯が出ない

エアコンが動作しない

ガスコンロから出る炎の色が赤い

・蛇口からの水漏れがある

・電球を新品に交換しても照明が点かない

オートロックのカメラ映像が映らない


特に、ガスを使用する給湯器やコンロ、水回りからの水漏れなどは大惨事につながる場合もありますので、異常が見つかったら無利に使用せず、連絡を優先しましょう。


連絡先の管理会社ですが、賃貸借契約書及び重要事項説明書に必ず記載されています。


入居した物件の管理会社や連絡先などは、書類と共にすぐに取り出せるような場所へ保管するのが良いでしょう。


また、入居した時点で携帯電話に登録するなどしてしておけば、書類を探す必要がなくなるので便利です。


【管理会社一覧】24時間サポートサービスのある管理会社≫

また、設備に異常や故障が見つかった場合、そのまま放置することも問題となります。


入居者には善管注意義務という義務があり、設備に異常を発見した場合には速やかに大家さんや管理会社に連絡し、修理の協力をするというものです。


例えば水漏れなどを放置していると床が水浸しになりますが、それが原因で床材が傷んで張替えが必要になった場合、善管注意義務違反としてその修繕費用を請求される場合があります。


たとえ小さな異常であっても、見つけた時点で必ず連絡をするようにしておきましょう。



≪ 前へ|生活音をめぐってトラブルにならないために知っておきたいこと   記事一覧   和歌山の星 本谷紗己 動画撮影記念写真|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約