和歌山の賃貸情報 House Land(ハウスランド) > 株式会社Houselandのスタッフブログ記事一覧 > 空き家を売る方法をご紹介!貸す方法との比較やポイントも解説

空き家を売る方法をご紹介!貸す方法との比較やポイントも解説

カテゴリ:不動産を売る時

空き家を売る方法をご紹介!貸す方法との比較やポイントも解説

この記事のハイライト
●空き家を売るメリットは「まとまった売却資金が手に入る」「空き家の管理負担から解放される」の2つがある
●空き家を売る方法は「古家付きで売る」「解体後に売る」「リフォーム後に売る」の3つがある
●空き家を売るポイントは「境界確定」「ホームインスペクションによる状況把握」「長期的な目線での計画作成」が挙げられる

「相続した空き家を売るべきか・貸すべきかで迷っている」という方は多いのではないでしょうか?
本記事では空き家を売る方法と貸す方法の比較や、売るときのポイントについて解説します。
和歌山市で空き家を所有している方はぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売るべきか・貸すべきか?

空き家を売るべきか・貸すべきか?

この章では、空き家を「売る」か「貸す」かの判断基準について解説します。
それぞれのメリット・デメリットについてもまとめているので、どちらが良いか比較してみてください。

売るか・貸すかの判断基準

空き家を売るか・貸すかで迷っている場合は、収支を比較してみることをおすすめします。
具体的には「売った場合の売却価格」と「貸した場合の家賃収入」を比較します。
周辺の類似物件を抽出して、成約価格や家賃の水準を調査してみましょう。
駅から遠い物件や築年数が古い物件など需要が少ない物件を貸す場合は、空室が多くなったり家賃収入が低かったりすることで損失につながる可能性があります。
その場合は売却する方向で検討したほうが良いでしょう。

空き家を売る場合のメリット

空き家を売る場合のメリットをご紹介します。
まとまった売却資金が手に入る
空き家を売る方法は、まとまった売却資金が一括で手に入るのが最大のメリットです。
子どもの教育資金や老後資金など、生活に必要な資金に充てられるでしょう。
建物の資産価値は時間が経つほど下がっていく傾向があります。
できるだけ高く売りたいのであれば、売却するタイミングは早いほうがベターです。
空き家の管理負担から解放される
次に「空き家の管理負担から解放される」というメリットも挙げられます。
空き家を管理していくためには、修繕や固定資産税・火災保険料の支払いなど金銭的な負担がかかります。
空き家を売って所有権を手放せば、そのような管理負担は必要ありません。

空き家を売る場合のデメリット

空き家を売る場合のデメリットは以下のとおりです。
空き家の所有権がなくなる
空き家を第三者に売ると、当然ながら所有権は新たな買主に移転します。
「親から相続した空き家は思い入れがあって手放すのが辛い」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
売却したあとは空き家に戻れなくなり、新しい買主の意向によっては建物が取り壊されることもあります。

空き家を貸す場合のメリット

空き家を貸す場合のメリットは以下のとおりです。
家賃収入を得られる
空き家を借りたいという方がいれば、家賃収入を得られます。
修繕費用や固定資産税、火災保険料などは家賃収入から賄うこともできるでしょう。
ただしこのメリットが享受できるのは、入居者がいることが前提です。
空室が長く続くような賃貸物件の経営はすぐに赤字に陥るので、早めの売却検討をおすすめします。

空き家を貸す場合のデメリット

空き家を貸す場合は以下のデメリットが懸念されます。
維持管理や設備投資の負担がかかる
貸すデメリットは、空き家の管理負担がかかり続ける点です。
基本的な維持管理が必要なのはもちろん、入居者を集めるためにリフォームなどの設備投資も必要になるでしょう。
資金に余力がない場合は、売って現金化したほうが良いです。

この記事も読まれています|不動産売却時にトラブルの原因になる残置物とは?

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売る方法

空き家を売る方法

空き家を売る場合は具体的にどのような方法があるのでしょうか。
この章では空き家を売る方法についてご説明します。

古家付きの状態で売る方法

空き家を現在の状態のまま、土地とあわせて売る方法になります。
古家付きの状態で売る方法は、時間とコストがかからないのがメリットです。
ただしほかの方法と比べて売却価格が安くなる傾向があります。
できるだけ早く売りたい方や高値売却にこだわらない方は、古家付きの状態で売るのが良いでしょう。
不動産会社による直接買取であれば、短期間での売却も可能です。

空き家を解体後に売る方法

空き家を解体して、土地だけの状態で売る方法です。
活用の幅が広がるため、古家付きの状態で売るよりも高く売れる可能性があります。
ただし空き家を解体するためには時間とコストがかかります。
木造家屋の場合3~10日程度で解体工事は終わりますが、解体業者選定や不用品の処分まで含めるとトータルで1~2か月はかかると考えておきましょう。
コストも地域や建物規模など条件によって変わるものの、数百万円程度かかるのが一般的です。

空き家をリフォーム後に売る方法

リフォームを施せば、空き家の美観や快適性が改善して高く売れる可能性があるでしょう。
しかしリフォームするには多額の費用がかかります。
大規模なリフォームをおこなっても、売却価格が大幅にアップするとは限りません。
「自分で好きなようにリフォームをしたい」というニーズもあるので、手を加えすぎたり奇抜なデザインにしたりするのは考えものです。
多くの方が使いやすいと思えるような汎用性の高いリフォーム計画にすることがポイントになります。
空き家のリフォームに対して補助金を出してくれる自治体もあります。
リフォームの金銭負担が軽減されるので、積極的に活用しましょう。

この記事も読まれています|不動産売却時にトラブルの原因になる残置物とは?

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売る際のポイント

空き家を売る際のポイント

空き家をスムーズに売却するためには、いくつかポイントがあります。
この章では、空き家を売る際に売主が押さえておきたいポイントについてご説明します。

空き家の境界を確定しておくこと

トラブルなく空き家を売るには、境界を確定するための確定測量が欠かせません。
確定測量は土地家屋調査士に依頼して隣地所有者の立ち会いのもと境界を確認する測量のことです。
確定測量をおこなうのは数十万円程度の費用がかかり、時間も3~4か月ほど必要です。
しかし時間と費用をかけても、確定測量は必ずやっておくことをおすすめします。
将来にわたって隣地所有者との紛争を防止する重要な役目を果たしてくれるでしょう。

ホームインスペクションにより空き家の状況把握をおこなうこと

ホームインスペクションを実施して空き家の劣化状況を明らかにしておくのも売却しやすくするためのポイントです。
ホームインスペクションとはインスペクターとよばれる専門家が、目視によって建物の劣化状況の有無や補修の要否を明らかにする調査のことです。
空き家の購入を検討する買主は「深刻な劣化があるのではないか」と心配します。
もしホームインスペクションの結果が明らかになっていれば、その心配を払拭できるでしょう。
物件の広告に「ホームインスペクション実施済み」と記載すれば、ほかの物件との差別化できる可能性も高いです。
不動産会社と媒介契約を結ぶ際、ホームインスペクション業者の紹介を受けることも可能です。

長期的な目線で売却計画を練ること

空き家は年々増加傾向にあるため、売りに出してもすぐに売れるとは限りません。
ある程度長い時間をかけて売る覚悟をしておくのがポイントです。
焦りすぎると価格を下げざるを得ない状況になり、損をしてしまうこともあるでしょう。
ただ長期戦とはいえ、3年以内の売却を目指すのがおすすめです。
相続してから3年以内であれば「相続空き家の3,000万円特別控除」を活用して、所得税の節税にもつながります。

この記事も読まれています|不動産売却時にトラブルの原因になる残置物とは?

まとめ

空き家を売る場合、できるだけ早く動き出すことでスムーズで高値の売却につながります。
わたくしども「和歌山市不動産売却センター」は和歌山市を中心に不動産仲介・買取事業を展開しています。
空き家に関してお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。

≪ 前へ|マンション売却は住みながらでもできる?メリットや成功するコツを解説!   記事一覧   不動産の売却に大きな影響のある契約不適合責任とは|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約