和歌山の賃貸・売買はHouse Land(ハウスランド) > 株式会社Houselandのスタッフブログ記事一覧 > 贈与税について

贈与税について

≪ 前へ|不動産の疑問解決☆★   記事一覧   不動産の疑問解決☆★|次へ ≫

贈与税について

2-1.贈与税(暦年課税制度)

贈与税とは個人から財産をもらったとき、課税される税金です。1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の合計額が110万円を超える場合には贈与税の申告をする必要があります。(これを「暦年課税方式」といいます。)贈与財産が土地や住宅の場合には、贈与を受けた時点の時価が課税価格になります。この場合には、通常、国税庁が定めた評価方法に従って財産を評価するのが便利です。
税率は、課税価格の金額が高くなるに従って、高率になる超過累進税率となっています。それを簡単に計算できるようにまとめたものが、下の速算表です。速算控除額は税率の差により生じる差額である調整額になります。

贈与税速算表

(1)20歳以上の人(注)が直系尊属から贈与を受けた財産にかかる税率

基礎控除後の課税価格
(贈与を受けた財産の価額-110万円)
税率控除額
0~200万円以下10%
200万円超 400万円以下15%10万円
400万円超 600万円以下20%30万円
600万円超 1000万円以下30%90万円
1000万円超 1500万円以下40%190万円
1500万円超 3000万円以下45%265万円
3000万円超 4500万円以下50%415万円
4500万円超55%640万円

(注)2022年4月1日の贈与からは、成年年齢の引き下げに伴い、上記の税率の適用となる贈与を受けた人の年齢はその贈与の年の1月1日で18歳以上になります。

(2)(1)以外の贈与財産にかかる税率

基礎控除後の課税価格
(贈与を受けた財産の価額-110万円)
税率控除額
0~200万円以下10%
200万円超 300万円以下15%10万円
300万円超 400万円以下20%25万円
400万円超 600万円以下30%65万円
600万円超 1000万円以下40%125万円
1000万円超 1500万円以下45%175万円
1500万円超 3000万円以下50%250万円
3000万円超55%400万円

110万円は基礎控除として、課税価格から差し引かれるため、贈与を受けた価額が110万円以下の場合には、贈与税がかかりません。

≪ 前へ|不動産の疑問解決☆★   記事一覧   不動産の疑問解決☆★|次へ ≫
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社Houseland
    • 〒640-8325
    • 和歌山県和歌山市新生町1-10
    • TEL/073-488-3470
    • FAX/073-488-3471
    • 和歌山県知事 (1) 第003894号
  • 徹底的なウイルス対策!
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2021-08-01
    コーポ山本の情報を更新しました。
    2021-08-01
    ウィット中之島の情報を更新しました。
    2021-08-01
    サンフレグランスの情報を更新しました。
    2021-08-01
    ミレ グランデ Ⅳの情報を更新しました。
    2021-08-01
    グランド・メールの情報を更新しました。
    2021-08-01
    ベーネ ルナの情報を更新しました。
    2021-08-01
    リヴェール聖の情報を更新しました。
    2021-08-01
    アヴェニールNISHIKI Ⅱの情報を更新しました。
    2021-08-01
    D-room吹屋町 B棟の情報を更新しました。
    2021-08-01
    ルーチェ木ノ本の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約